ホーム > 出来事 > 債務を整理する選択

債務を整理する選択

任意整理というものは一般には負債の整理というふうにも呼ばれていて各債権を有する者に対しての債務の返済を行っていくことを前もって決めた債務を整理する選択のことです。

 

実際としての手続きですが債務処理経験のある司法書士または弁護士有資格者お金の貸し手と借り手との仲介をして示談し、利息を定めている法律にかんがみて利息の適用し直しをして一から計算しなおした借りたお金の元金にかかる借入金利を削ったことにより3年ほどの時間で返済をしていく借金整理方法です。

 

この手続きの場合には各種裁判所などの機関が関係しないため他の手順と比較した場合、手続きを取った場合のデメリットが最も小さく方策そのものも債務者にあまり重荷にならないので、まず比較検討する必要がある方法ということになります。

 

さらには、貸方がサラ金業者といった大変高額な利息の際には、利息制限法という法律が明記している貸出利息をゆうに超えて払った金利分は借入金の元金に充てられるとみなされ借入金の元金自体を減額することも可能です。

 

ということから、サラリーマン金融に類するとても高い利息を取る業者に対してある程度長い期間返済してきた場合には支払額を減らせるようなこともありますし10年くらい返してきた例では負債そのものがなくなる可能性もあります。

 

任意の整理の良い点とすると、破産申告と違い特定の借金だけを整理していくことになりますので、他の連帯保証人が関連する借入以外だけを手続きをする場合やクルマのローン以外で整理をしていく際などにおいてでも検討することも可能ですし、全ての財産を放棄する義務がないため住宅などの自分の資産を持っているものの、手放したくない状況であっても選択肢になる借金整理の手順といえるでしょう。

 

しかし、後々返済していく額と実現可能な所得額を比較して、ある程度返済の計画が立つようならば任意での手続きを進めていくことが可能ですが、破産宣告と違い負債自体が消滅してしまうわけではありませんので額がかなりになる場合には、現実には任意整理による方法を取るのは難しくなると考えるのが無難でしょう。

 


関連記事

おでこが広くなったので、効果のある薬用シャンプーを購入しました
ここ数年で以前よりおでこが広くなったと感じるようになりました。 季節を問わず抜け...
日本食ブームの波紋
近年、海外では健康にいいということで日本食ブームになっている国が多いそうですね。...
債務を整理する選択
任意整理というものは一般には負債の整理というふうにも呼ばれていて各債権を有する者...
式はしたほうがいいのか。
旦那も私も30歳を超えてからの結婚。友人もお互い多いので式はいつするの?と聞いて...